VARIS PROJECT – タイムアタックマシン

VARISが追い求める理想の“機能美”を表現

スーパーGTとスーパー耐久。国内最高峰レースのエアロ開発で得たテクノロジーを広く一般の方に知って頂くため、VARISが新たなカテゴリーとして選んだのがチューニングカーによるタイムアタックという舞台でした。

本格的にチューニングカーのエアロ開発を開始したのは、2009年、トライアル鳥取(現:アスピレーション)のランエボⅧとなります。筑波サーキットを中心に、全国の主要サーキットでのタイムアタックに挑戦。700馬力オーバーのチューンド4G63エンジンを搭載したCT9Aは、VARISがさまざまなノウハウを注入したフロントアンダーディフューザーやGTウイング、そしてカーボンルーフにワイドボディキットなどを装着し完全武装したモンスターマシンでした。

その後、全国各地の有名チューニングショップのデモカーでエアロ開発を行い、「タイムアタックマシンの定番エアロメーカー」として広くチューニングフリークに認知されるようになりました。
2015年現在、VARISエアロが装着されているデモカーは、HKSテクニカルファクトリー・R35 GT-R(KAMIKAZE-R)、オートプロデュースBOSS・86&Z34、ディーランゲージ・86&GRB、オリジナルランデュース・86&VAB、カーステーションマルシェ・VABが代表的なデモカーとなります。チューナーさんやプロドライバーからアドバイスをもらい、日々、エアロ開発のための情報収集を行っています。

チューニングカーの場合、レースカーと同等のエアロ性能に加え、見た目のカッコよさも重要なファクターとなります。VARISらしい機能美を追求しつつ、チューニングカー市場の活性化を目的に開発を行っております。
開発でポイントとなるのがレースカー同様「レギュレーション
がキモとなってきます。例えば同じタイムアタック仕様でも、ストリートクラスとオープンクラスではエアロの形状はまるで異なります。その決められたレギュレーション内でいかにいいタイムを出せるデザインに仕上げられるか? これが難しいところです。

オープンクラス向けのエアロは割り切って開発できるのでデザインが決まるのは早いですが、より次元の高い性能が求められます。ストリート向けの場合、デザインや機能性に加え、ストリートでの利便性も求められます。このあたりが非常に難しいところですね。

チューニングカーの発表の場といったら、やはり年明け恒例の「東京オートサロン」です。VARISでは毎年6台前後の最新モデルを発表。国内のチューニングフリークのみなさまはもちろん、海外のカスタム好きからも数多くの支持をいただいております。

HKS Technical Factory
HKS TF 神風R
With HKS TF & VARIS KAMIKAZE-R

HKSテクニカルファクトリーとVARISが、共同でエアロ開発を行っているのがこの神風R。エンジンは本体はもちろん、補機類に至るまですべて手を入れ、1000馬力オーバーを叩き出している。ラジアル最速にこだわり、2015年12月現在、富士スピードウェイのベストタイムは1分41秒743をマークする。

AUTO PRODUCE BOSS
POTENZA CIRCUIT ATTACK 86
With TOYOTA 86 WIDE BODY Ver.

POTENZAが誇るハイグリップラジアルの「RE-71R」を装着し、86/BRZ最速タイムを目指し製作されたマシン。エンジンはスーパーチャージャーが追加され、タイヤは295/30-18をセット。エアロはVARIS製WIDE BODY Ver.が装着されている。深紅のボディカラーにカーボンエアロのコントラストが美しい86だ。

Original RUNDUCE
WRX STI
With SUBARU WRX STI VAB

オリジナルランデュースが掲げるマシンコンセプトは、「スーパーストリートチューニング」。あくまでもストリートをメインとしたチューンドカーにこだわり、速さだけではなく乗り心地や扱いやすさも両立させている。装着タイヤはADVAN NEOVA AD08R、筑波2000にて1分02秒752をマーク(2015年12月現在)する。

D Language
WRX STI R205(GRB)
With SUBARU IMPREZA WRX STI GRB WIDE BODY Ver.

限定モデルのR205をベースに、究極のWRX STIを目指したモンスターマシン。装着されるエアロはGRB WIDE BODY Ver.。徹底的に軽量化が施され、ドアやハッチバック、ルーフに至るまでカーボン化されている。2015年12月現在、菊地靖選手ドライブにより、ベストタイムは54秒115をマークしている。

D Language
86
With TOYOTA 86 WIDE BODY Ver.

86/BRZ最速を目指し、製作されたディーランゲージ86。エンジンは排気量アップされ過給器を追加し、ミッションにはシーケンシャルドグを投入している。エアロは86 WIDE BODY Ver.をベースに、ディーランゲージにてオリジナル加工が施されている。2015年12月現在、ベストタイムは57秒492をマークする。

今後もVARISでは、タイムアタックにチャレンジしているチューニングショップのよきパートナーとしてエアロパーツ開発を継続。速くてカッコよく、そしてストリートカーとして最適なデザインを開発していきます。